米議員、中国共産党の侵略を阻止するために「台湾侵略防止法」再提案

台灣寶島准農場 Amitofu(翻訳:鈴鈴卷)

テッド・ヨーホー元共和党下院議員は昨年、「台湾侵略防止法案」を提出したが、前議会では採決されなかった。新議会が始まった今、共和党のスコット下院議員とリゼンシャルは18日、下院と上院でそれぞれ台湾を中国共産主義の侵略から守るための再提案を行いました。台湾を中国共産党に侵略されないようにし、中国共産党に台湾との武力統一を放棄するよう要求し、台湾の安全保障を固め、自由貿易協定を結ぶ、米国と台湾の協力関係を多面的に強化し、必要に応じて台湾を防衛するために武力を行使することを米国の総統に認める。この提案は、台湾の国境内で米国の総統や国務長官が台湾の総統と会談することを奨励するものですらある。

イメージソースUSPacificFleet

ハドソン大学の上級研究者である于茂春氏はインタビューで、中国共産党は残忍な独裁者であり、14億人の国民に寄生しているとし、中国共産党政権は一銭も生産せず、国民の苦労の結晶を収穫するだけだと述べた。国民への弾圧・安定化・監督・統制に毎年費やされている金額は、国防予算を上回ることすらある。中国共産党がなくても中国経済は順調に成長していただろう。

習近平は台湾を武力で統一して派閥争いを解決したいだけだ。

郭文貴氏は以前から、南普陀プロジェクトは習近平はただの手先に過ぎない、習、江(江沢民)争は一人の負傷者を出すことになる。そして爆料革命は正義の人たちと協力して共産党を毒で殺します。 

この記事は、個人的な意見である。

参考資料

記事レビュー:鈴鈴卷

+1
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments