Nature誌が閻麗夢博士のツイッターをブロックしたのは、彼らのパニックの表れだ

HST-01J-202102-06

作者:舉頭三尺外星人 / Himalaya Australia

和訳:旭鵬(文鵬)/ヒマラヤ東京櫻花団

2021年2月1日、ちょうど今、米国時間午後8時30分頃、閻麗夢博士がツイッターで送ったスマホのスクリーンショットによると、世界的に有名な雑誌Natureが彼女のツイートをブロックしていることを示している。

閻博士はツイッターで:「何があったのか? トップクラスの自然雑志@Natureは理由もなく私をブロック? 中共が行っている事と同様に、科学分野に私を沈黙や消失を望むものはなぜだろうか。いつから科学を代表する人々が真実を恐れるようになったのか? #COVID19から? 」

画像制作:澳喜農場©森森

著者は、閻博士のツイッターを見ていると、多くの外国人が「アメリカのような自由な国では、こんなことが起こるなんて信じられない」とコメントしている。また、多くの外国人が閻博士への支持を表明し、その多くは、Nature誌が中国共産党のお金によって侵食され、且つこのような手段で真実を隠蔽しようと考えているのだ。

著者は、Nature誌が何の理由もなく、閻麗夢博士のツイッターをブロックしたのはばかげていると考えている。我々新中国連邦爆料革命の閻博士について、イギリスのLOOSE WOMAN、米国FOXNEWS、War Room、インドCNNなど世界的に有名なメディアを含めて、世界中の大手メディアが報道した。中共ウイルスの真相を暴くために閻博士は中共に殺害される危険を冒して、家族も中共に脅されたが、彼女は臆することなく、香港から渡米した。 

閻博士は各大手メディアで中共ウイルスの真相を勇敢に暴露したばかりでなく、ウイルス発生源については自然ではなく人工的に造ったものだという科学報告書を二つ発表した。現在まで中共を擁護する各筋の科学者は、誰も反論する勇気がなく、また、閻博士の二つの科学報告書を覆す強力な科学的証左も存在していない。

Nature誌は世界の権威ある科学機関として、人類の科学的発展をリードしている。世界中の有名で且つ成功した科学者が、各自の分野における重要な発見を次々と発表している。Nature誌は模範として、科学界に大きな影響力と科学界に権威のある指導的役割を果たしている。しかし、中共ウイルスが世界中で猛威を振るっている間は、Nature誌はそれが果たすべき役割を果たしておらず、逆に中共の宣伝マシンの一部となり、中共ウイルス発生源の真相を極力ねじ曲げ、全くでたらめなウイルスの自然学説を推し進め、科学を無視し、事実を尊重していない。Nature誌はもはや科学界の権威を代表するものではなく、中共国のための操り人形に成りきっている!

今Nature誌は面識のない閻博士のツイートをブロックした。これは中共国の操り人形になったNature誌の恐怖心の表れだと著者は考えている。世界は閻博士の二つの報告をますます重視しているので、真相はますます明らかになった。中国共産党の重要なプロパガンダ誌であるNature誌は彼らの未来をすでに見通している。全世界が完全に真相を知ったら、Nature誌は真っ先に清算されるので、今真実を隠蔽するために全力を尽くしている。もちろんこの恐怖心の下で、彼らは混乱して、閻博士のツイートをブロックするという愚かなことをしたわけだ。

(本記事は著者個人の見解である)

元記事リンク:https://gnews.org/zh-hans/862619/

+5
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments