米国時間1/31 路徳社 ナイトNEWS

引用:路徳社LUDE Media
編集:重生 校正:香柏樹
翻訳:RyouTb


1.海航集団(HNAグループ)が不正に、100億ドル近くの資金を流用したと報じられる


◆海航集団の上場子会社3社は、株主が100億ドル近くの資金を不正に流用したことをリークした。特定の資金の不正流用は刑事告訴の管轄内である。

◆郭文貴は、海航集団の上場の目的は上場企業の資金を奪い取るためだと、2017年から注意を促していた。

◆このニュースを報じた南華早報は馬雲に買収されており、江沢民勢力のメディアである。今ロイターの報道を転載したのは、海航集団からメスを入れようとしていることが分かる。また、彼らはこの内部闘争から漁夫の利をも得ようとしている。


2.海航集団の資金不正流用をネタに、政治の内部闘争が更に血生臭くなる


◆資金流用事件に関わった、呉小暉や頼小民などの結末は、逮捕されるか死刑にされるかのどっちかである。陳峰、王岐山も逃れることはできない。

◆海航集団傘下には、500社以上の会社が破産と再編を直面している。株主が資金を不正流用する案件が大量にあるため、多くの人が逮捕される。これこそが中共の内部闘争である、習近平が王岐山に対する、大きな政治での攻撃である。

◆100億ドルの不正流用から、王岐山が支配している金融での利権がどれほど大きいのかが分かる。海航集団のこの事件は多くの人を死に追いやるだろう。間違いなくその多くは、政治局以上の者が対象となるだろう。


3.中共外交部が急に、WHOは調査しに来たわけではないと言葉を改める


◆趙立堅が定例記者会見で記者の質問に対し、WHOが中共国に来たのは調査のためではなく、世界的な研究の一環であると答えた。しかし先日のWHOは「ウイルスの由来を調査するため」だと、ずっとツイートしていた。

◆以上のことから中共は、WHOの「中共のウイルス対策成果展示会」への訪問を隠しきれなくなったため、「研究と交流」のためだと言葉を置き換えたことが分かる。

◆今回チームを率いているのはPeterDaszakで、彼は蝙蝠女石正麗と、十何年も前から協力的な関係にある。


4.Stephen Quaye博士が再び新型コロナは実験室由来であると説明


◆Quaye博士が、バノンのWarRoomのインタビューを受け、新型コロナにはいくつもの実験室で、改造され、機能強化された典型的な特徴があると述べ、中共に合理的な説明を求めた。

◆中共は元々ある論文を準備していた、その論文に合わせて「カンボジアの蝙蝠に新型コロナと92.6%類似しているコロナウイルスがある」という報道を打ち出そうとしていた。

◆しかし中共は、Quaye博士が統計したデータの発表に対して、うそのつじつまを合わせることができなくなったため、仕方なく「調査」を「研究と交流」に置き換えた。

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

喜马拉雅 日本京都富士会

京都富士会(隶属于全球喜马拉雅农场) 使命:推翻中国共产党,拥护新中国联邦,遵守新中国联邦宣言和喜马拉雅联盟章程,实现中国法治,民主,自由,爱好和平,成为新中国联邦与国际社会沟通的桥梁。 点击链接,欢迎加入日本富士会 https://www.g-farm.org/contact Feb. 02