電子フェンシング2.0支援条例の完備によって 伝染病の予防と人権と個人情報の保護

台灣農場(籌備)   著作人 一葉一菩提
編者 zhong

一、SARSによる平和病院閉鎖への反省

2003年4月24日、台湾でSARSが流行し、わずか2週間で57人の職員が感染、7人の医療従事者が死亡、病院では97人が感染した中24人が病院で死亡し、台湾全土に流行が広がった。 当時の台北市長の馬英九氏は、病院内での感染拡大を防ぐため、平和病院の閉鎖を命じ、1000人以上の隔離を余儀なくされた。時には、窓から飛び降りて逃げ出す人もいて、医療スタッフは封鎖の外で大声で抗議したり、窓に助けを求める看板を掲げて声が届くことを期待していた。 結局、政府の努力と全国民の努力、そして天の恵みを受けて、疫病は終息したのである。

その余波の中で、台湾の医療・保健制度が長らく公衆衛生よりも医療を重視していたこと、病院での感染管理や医療従事者の訓練が十分に行われていなかったこと、感染症の予防・管理に関する法令が適時に改正・施行されていなかったこと、緊急時の対応計画が不足していたこと、公衆衛生や伝染病予防に対する国民の概念が不十分であったこと、さらに重要なことは、当時、中央と地方の水平・垂直のコミュニケーションがスムーズに行われていなかったために、中央と地方の調整や連携ができていなかったことである。 さらに重要なのは、中央と地方の水平・垂直方向のコミュニケーションが十分に円滑ではなかったため、SARS対策作業の完成に向けての調整や協力ができなかったことに 医療・健康保険制度、公衆衛生流行防止制度の再構築に加え、「感染症予防法」の大幅な改正、保健行政の組織再編と効率化の推進、公衆衛生の住民動員力と自主管理能力の強化、国際保健協力と医療技術研究開発の充実などが図られた。

また、政府は病気で孤立し、社会的排除の後遺症を残したトラウマによる人権問題や、和平醫院主任周經凱が医療設備が不十分なために入院を拒否したことに、汚名を着せられ、重い罰金を科され、最終的には解雇されたなどの人権問題も見直し、改善している。

二、緊急時に人権と情報プライバシーをどう両立させるか

人権をめぐる論争を受けて、台湾司法院は「解釈第603号:人間の尊厳を守り、人格の自由な発展を尊重することは、自由で民主的な憲法秩序の核心的価値観である」と説明している。 プライバシーは欠かすことのできない基本的な権利です。 しかし、情報のプライバシーを保護する権利の憲法上の保護は絶対的なものではなく、国は憲法23条の趣旨の範囲内で、法律によって適切な制限を課すことができる。

また、国の伝染病対策当局は、伝染病対策法の規定に基づき、伝染病対策のために「個人の自由を奪う」ために必要な措置を講じることができると断言しています。 感染症法では、「感染症の患者に接触した者又は感染した疑いのある者は、所轄庁の検査のために留置し、必要があれば、所定の場所に移動して検査を受け、又は予防接種等の必要な配置をすることができる。

感染症対策法では、伝染病予防のために必要な隔離、検査、予防接種の義務化などの措置は、個人の隔離、検査、予防接種の対象となるか否かの決定権を犠牲にしたものであることが明示されているが、伝染病の蔓延が台湾社会に緊急かつ不可逆的な被害をもたらすことを考えれば、伝染病の発生から社会を守るために必要な場合に、隔離、検査、予防接種の義務化などの措置を講じることは、国民の基本的権利の憲法上の保護に反するものではないと考えられる。

しかし、伝染病を速やかに防ぐことは重要であるが、それ以外の面では人権問題が発生することになる。 特に今日では、技術の進歩に伴い、各国で伝染病予防の目的を達成するための技術的手段の採用が主流となっており、伝染病予防に必要な情報を収集するための行政による技術的手段の利用について、国民はすぐに気づくことができず、知ることができないことが多いのが実情である。 そのため、迅速に伝染を防ぐことが重要であり、また、技術によって伝染防止に必要な情報をより短時間で入手することが可能となっていますが、プライバシー侵害などの問題も浮上しています。

そのため、台湾における流行防止対策の決定過程では、「疫病防止と人権保護」の適切なバランスを図るため、可能な限り人権保護に配慮したものとなっている。

現在の台湾の疫病対策では、健康保険庁は情報セキュリティを重視しています。 従来、人の足跡を確実に記録するために、人の名前やID番号などの個人情報を公共の場に置いておくことで、必要に応じて伝染病予防当局が関連情報を入手できる「実名制」が一般的でしたが、この実名制では、人には 疫学当局から関係者に連絡を取るために、どのような個人情報を残したいのか?選ぶ権利がある。

また、「リアルコンタクトシステム対策ガイドライン」では、データ保護の責任者として専門の担当者を配置し、疫学調査時にすぐに連絡が取れる情報を重視して、すべての個人情報を最小侵襲的に収集しています。最後に、収集した個人データは、最大潜伏期間14日間の後、最大28日間保存され、その後、データは削除または破棄されなければなりません。

三、電子フェンシング2.0の運用と個人情報保護による疫学対策データ収集

台湾中央伝染病対策センターによると、最近のCOVID-19疫病の進展を受け、地域社会での感染リスクを低減するため、2020年12月31日から自治衛生管理者の伝染病予防規定を強化し、自治衛生管理者は電子フェンス(e-フェンス2.0)で大規模イベントエリアへの接近を防止するという。

  1. 電子フェンシング2.0は、携帯電話の基地局と携帯電話の相互接続を利用して、様々な場所でカーロガーのように個人の動きを記録する位置情報型の感染予防情報技術として運用されています。 これらの情報により、感染予防期間中の人と人との相互作用や接触行動をよりよく理解することができます。
  2. 電子フェンシング2.0の機能は、感染リスクのあるエリアを特定したり、群衆の動向を察知したり、確定した患者や自律的な管理者の動きを追跡したりすることです。
    • 人々は危険度の高い地域を避け、感染予防担当者は早期の消毒や潜在的な感染者に対する予防的隔離措置をとることで、感染予防のギャップを埋め、感染の拡大を封じ込めることができる。
    • 特定の対象者にリマインダーを送り、自主的な健康管理を訴えることで、家庭検疫事例(感染予防ルール違反)の割合を30%から0.3%に大幅に減らすことができ、感染予防業務の効果を大幅に向上させることができます。
    • 人が混雑している場所については、自治体や市民に通知を送り、トリアージコントロールを実施し、二度と行かないように注意呼びかける。

結論から言うと、台湾伝染病対策本部は感染症対策法と個人情報保護法に基づき、伝染病予防のために技術を利用している。 指令センターは、国民の個人情報を適切に保護し、個人の自由への干渉を最小限として、国民生活への影響を最小限に抑えるための流行防止対策を計画し、実施しています。 個人のプライバシーと疫病予防という二重の利益の間で最良のバランスが取れることが望まれています。

+1
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments