1/14 路徳社 モーニングNEWS


1.習近平は未だに姿を現せない


◆路徳社が習近平の頭部手術をリークして以来、習近平はすでに十何日も姿を現していない。しかも前の会議で使われた彼の動画と写真は全部偽物であると暴かれた。

◆往年の今では、習近平が様々な会議に出席するニュースばっかりが流れるのに、今みたいに何日も連続で姿を現さないのはこれまでになかったことである。

◆もしこのまま更に何日も姿を現さないと、頭の悪い各勢力が動き出すのかどうか、大ごとが起きるのかどうかについて期待する価値がありそうだ。

◆少なくとも中共内部でこのような異常なことが起きれば、必ずどこかの勢力がこれを機に今の権力バランスを崩そうとするだろう。


2.1月20日以後もポンペオ国務長官に注目し続けるように


◆ポンペオ国務長官は現在、国務長官としての任期があと1週間ほどしかないが、彼は本日「皆さんに自分の個人アカウントに注目して欲しいことを願っている」とツイートした。彼がこれからどのような行動を取るのかは期待する価値がある。

◆同時に、米国国務院は今週予定されていた米国駐連合国大使の訪台を含む、全ての外国への訪問をキャンセルした。

◆こうなったのは台湾の蔡英文政府の態度と関係があるのかどうかは不明だが、現在の台湾当局の態度については、何と言っても蔡英文は最初にバイデンに祝辞を送った指導者の一人であり、バイデンとの関係は言わなくても分かる。


3.世界の正義の勢力がザ・グレート・リセット計画を打ち破る


◆新型コロナの世界への蔓延と米国大統領選挙への影響などによって、人類は未来の自由と信仰などの新しいルールの再定義を考えなければいけない時期に立っている。

◆世界の正義の勢力が変えようとしていることこそが今の世界のこの状況である。米国の言論の自由、経済の自由などの思想価値を社会主義に取って代わられないためである。

◆彼らは科学技術を再び取り戻し、真実を伝えられるメディアと、正しい考え方を持つハイテク企業に人類が発展する方向性を握れるように行動している。


4.正義の勢力の既存の科学技術の発展に対する布局


◆正義の勢力は主にインターネット、エネルギー、宇宙空間の分野に布局している。また、既存の5Gや従来のネットワーク技術を変えようとしている。

◆宇宙軍、スターウォーズ計画、新たなエネルギー、宇宙技術、スカイWi-Fiなどは人類の技術を新たな分野へ推し進めていると同時に、すでに中共にBGYされたハイテク企業を転覆する始まりでもある。

◆これらはすべて郭文貴がすでに投資し、計画していることである。我々新中国連邦、爆料革命も人類文明を発展させるためにとって、重要かつ不可欠の一部である。


引用:路徳社LUDE Media
編集:繁体の追逐
校正:seiya
翻訳:RyouTb


0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

喜马拉雅 日本京都富士会

京都富士会(隶属于全球喜马拉雅农场) 使命:推翻中国共产党,拥护新中国联邦,遵守新中国联邦宣言和喜马拉雅联盟章程,实现中国法治,民主,自由,爱好和平,成为新中国联邦与国际社会沟通的桥梁。 点击链接,欢迎加入日本富士会 https://www.g-farm.org/contact Jan. 13