郭文貴氏「アメリカ大統領選の時間の輪廻とその必然性」

今回の総選挙は時間の輪廻であり、その必然性がある。香港の人々が生命と血をかける戦いは一度も止めることがないが、アメリカ人は香港の問題で現実主義を取った。それに対して、今日のアメリカは昨日の香港になった。トランプ大統領は11月3日から紙上に兵を談ずばかりだが、実際にアメリカ歴史上で最も多くの滅共行動を起こした人だ。

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments