中国軍事専門家は番組で生物兵器を宣伝

【日本大阪方舟农场】翻译:文拓 校对:小李在大阪

昨今、アメリカの情報機関の幹部は公に警告し、ゲノム編集を潜在的大規模殺傷性武器の一つに定義した。報告によれば、この技術は武器として使用でき、広範囲に拡散でき、低コスト、技術の発展が早く、意図的または非意図的な誤用は、国家安全問題になりうる、もしくは厳重な経済問題になると指摘された。

「西海ハリケン」という方からの質問だが、ゲノム編集プロジェクトは、何故大規模な殺傷性兵器に定義されたか。長年に渡り、我々は多くの大規模な感染症を経験した。例えば、SARSやら、鳥インフルエンザやら、更にエボラ、現在、南米で流行しているジカウィルスを含む、これらのウィルスや細菌が遺伝子編集技術によって改造されれば、より高い感染力やより高い致死性のスーパーウィルスやスーパー細菌ができる。これらのスーパーウィルスやスーパー細菌の殺傷能力は原子爆弾や水素爆弾、化学兵器と匹敵できる。

だから、危険性が非常に高い、但し、先程潜在的な武器の一つだと定義された。

それなら、技術から遺伝子兵器応用まで、どのような困難に直面するか。このスーパーウィルスやスーパー細菌を作るだけではない、大規模に使用する場合に、まず、敵を殺傷するときに、如何に自分を守るという課題を解決しないといけない。最も怖いのは、これがある特定の種族の特徴に、遺伝子の特徴に対し、特製の遺伝子兵器を作ること。ある特定の種族、その通り、人類のそれぞれの種族には遺伝子特徴がある。もちろん、最も怖いのは、この技術が気狂いの手に入ったら、或いはテロ組織に把握されたら、彼らは自分が被害を受けるかどうかを考慮せず、人類に被害さえ与えれば、テロ事件になるために、大量に使用する可能性がある。

 2016年、中国の軍事専門家は軍事番組にすでに生物兵器の威力を誇示した。この時点で、中国共産党や中国軍隊がすでに生物兵器の技術を完全に把握することを示された、2012年に爆発したSARSは中共が自国民を犠牲にして、生物兵器をテストしたことと思われた。アメリカを初めとする西側諸国は、利益を追求するため、中国共産党がもたらした国家安全脅威を無視したのは、今日の世界規模の新型コロナウィルスのパンデミックになった大きな要因とも言えよう。

参考サイト:https://youtu.be/8Y5jyCqLdos

+1
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments