ワクチンが世に出たばかりなのに、より強い感染性の毒株が出現した、これは偶然ではなく、裏にCCPが操縦している

【日本大阪方舟农场】翻译:小李在大阪   校对:文拓

WHOのトップ科学者は、ワクチンが(人類)を救えないと言った。人々は相変わらずマスクが必要、ウイルスの感染がまだ拡大すると思われる。またロックダウンが必要で、ソーシャルディスタンスを保つことも必要だ。

 CCPはブラジルにワクチンを提供した。SINOVACのワクチンの50%の有効率で満足していた。アメリカ製ワクチンの有効率が90%だそうだが、抗体がどれくらい持続できるかはわからない。

 これはすでにヒトのウイルスだ。我々の文化の一部になり、長い間人類に付きまとうだろう。一晩で退治することは不可能だ。CCPの(WHO)局長テドロスは今朝に言った。ウイルスの流行はより深刻になると。

 閻麗夢博士によれば、中国は5000年の歴史の中で一度もワクチンを開発したことがない。ならば、このワクチンはどうやってできた?閻博士によると、CCPには誠実な研究がない。すべてが裏で操作し、まったく信頼性がない。中国で経済的に余裕があれば、皆、子供に輸入品のワクチンを買ってあげるそうだ。さらに、閻博士や文貴氏は早くも6月に言った。欧米がワクチンの開発に成功したところ、より強い感染性の毒株が必ず出ると。

 今はどうなっている?我々にはワクチンがあった。その効果がまだ​​わからないけど、ようやくワクチンができたところだ。しかし、今度何が起こった?英国、南アフリカ、その他の地域で、より強い感染性の毒株が突如に現れた。当初の毒株より70%も強い。これは陰謀説ではない。これは偶然ではない。このすべての背後にあるのはCCPだ。CCPは米国を買収しただけでなく、EUも買収した。CCPは一切の代価を惜しまない。

参考サイト

1)https://www.youtube.com/watch?v=SFi1FqbGBLo

2)https://gtv.org/video/id=5ff1751d87fabe2daf2fb67e

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments