ナバロレポート「完全な欺瞞/選挙不正の6つの重要な特質」:選挙不正は6つのカテゴリーに分類でき、広範囲にわたる選挙不正には十分な証拠

【日本大阪方舟农场】翻译:Lee 校对:文拓

激しく争われている2020年米国選挙について、ピーター・ナバロ米大統領補佐官は、“THE IMMACULATE DECEPTION / Six Key Dimentions of Election Irregularities(「完全な欺瞞/選挙不正の6つの重要な特質」)”と題する36頁のレポートを公表し、大量な証拠や証言に基づき、米大統領選の不正を6つのカテゴリから分析した。

ナバロ氏は、激戦州での不正疑惑を調査するために、未公開のものも含め、数千件の証拠に目を通し、証言、写真、ビデオやメディアの報道なども踏まえ、選挙不正を①明らかな有権者詐欺、②選票の処理ミス、③選挙の手続き違反、④「投票の平等」条項の違反、⑤投票機の不正操作、⑥統計的な異常、という6つのカテゴリに分類した。

ナバロ氏は、選挙不正の6つの重要な側面を分析し、広範囲な選挙不正には十分な証拠があると結論付け、不正選挙を覆すのに十分であると示唆している。

参考サイト:

1、   連新社:ピーター・ナヴァロ氏、「選挙の不正は6つのカテゴリに分類された」https://www.youtube.com/watch?v=JHVHhZ2et3E

2、ナバロレポートhttps://bannonswarroom.com/wp-content/uploads/2020/12/The-Immaculate-Deception-12.15.20-1.pdf

+3
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments