米国が公式的に郭文貴が三年前に暴露した中共のBGY戦略を実証(12月9日路徳社博艾冠談話)

編輯:文寶Porsche 上官云伊 校对:文寶Porsche

「全米が震撼」中共スパイ芳芳が米国議員と市長をBGY

◆FOXのTuckerShowが中共の女スパイがカリフォルニア州民主党連邦下院議員EricSwalwellと市長二名に対し、ハニートラップを仕掛けたことを報道した。それをトランプ大統領がリツイートし、郭文貴が三年前に提出した中共のBGY戦略が実証された。

◆これは始まったばっかりである、続いては参議員、政治家、検察官、裁判官などが次々暴かれていく。

芳芳は何者?

◆英語名ChristineFang、2011年にカリフォルニア州立大学イーストベイ校に入学し、中国学生会会長と同校のアジア太平洋公務支部の会長を務めたことがあり、2012年には在サンフランシスコ中国領事館から名誉証書を授与されていた。

◆2011年から15年の間、選挙資金調達やハニートラップなどの手段を使い、米国の地方政治家や連邦政府の政治家に接近し、政治の舞台に立ち、Swalwellや少なくとも2人の中西部の市長と不貞関係にある。

◆彼女はまた、自分の部下を当地の政治家と国会事務所に助手として配置した。

◆2015年、情報機関がSwalwellに芳芳の不審な行動を通知したのち、芳芳は突然中共国へ帰国し、この件はそのままうやむやに。

EricSwalwellは何者?

◆芳芳は名前がまったく知られていないSwalwellと接触した後、中共が提供する資金と関係を通じ、秘密裏で資金調達を行い、彼を連邦下院議員に当選させ、さらに彼を下院情報委員会にまで入り込ませた(現在は除名されている)。

中共が米国をBGYする浸透体系

◆中共の米国へのBGYは国共内戦時期から始まっている、しかも代々受け継がれている。

◆中共は米国の開放的な体系を利用し、一国の力を上げ、米国各州と連邦に分散している重要な人物をBGYすることで、全員を一つに結び付け、立体的、体系的、ネットワーク的な体系を確立していった。

◆この体系の力を借りれば、中共は次々新たに政界入りする米国の若者から潜在力のある人物を物色することができる。そして彼らに対して計画的にアプローチし、浸透、育成を行い、スピーチ力や人物像のイメージを高め、中共は自分にとって利用できるように、その人物を下院議員、上院議員、大統領になるまでサポートする。

◆Swalwellはその多くの候補者の中の一人である。

なぜ米国がやっとBGYに関するスキャンダルを暴いたのか

◆米国のエリートや政治家はずっと中共の行動は防ぐことができ、コントロールすることができると思っていて、楽に中共から金儲けができるのなら、浸透のことは気にもしなかった。

◆郭文貴の三年間の爆料(スキャンダルのリーク)によって、彼らは少しずつ目を覚まされていった。そして今の中共ウイルスと不正選挙の干渉が彼らに中共が計画していた3F「米国を弱らせ」、「米国を混乱させ」、「米国を滅ぼす」という仰天計画の真意をしっかり理解させた。

「中共を標的に」米司法省がスイス銀行に口座情報の開示を要求

◆外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)の規定により、スイス銀行は米国の納税者が所有する口座の情報を集計するだけでなく、それらの顧客口座の詳細な情報を報告することが義務付けられている。報告しない場合は米国司法省によって起訴される。

◆これによって米国籍を利用して、スイスに隠している中共の財産が間もなく明らかとなる。

博博士が再び第82空挺師団について語る

◆ノース・カロライナ州フォートブラッグに駐軍している米国第82空挺師団は、2つの戦闘準備大隊と24時間以内に世界中のどこにでも展開できる能力を持ち、米国の地域紛争に対処する際、突撃部隊の役割を果たす。

◆ベネズエラの経済がすでに崩壊しているため、第82空挺師団のマドゥロの生け捕りへの抵抗は少ないと予想される。

◆路徳社を注目し、いち早く行動の進展に注目しよう。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments