マット・ブレイナード(Matt Braynard):FBIが投票詐欺調査情報を要請

HTS-01J-202011-013

Gnewsリンク:https://gnews.org/zh-hans/602695/

中国語訳:Victor Torres /西班牙巴塞羅那喜悅農場

和訳:旭鵬(文鵬)/ヒマラヤ東京櫻花団

スペイン、2020年11月29日/西喜社/

元トランプ陣営のデータ戦略家、マット・ブレナード(Matt Braynard)が、クラウドソーシングで資金提供による2020年大統領選に対する投票違反の分析を主導した。この分析は「選挙の完全性プロジェクト(VoterIntegrityProject)」と呼ばれる。ブレイナード氏はFBIに自身の調査に関する情報を提供すると言っており、火曜日までに引き渡し完了するだろうと述べた。

「更新:@FBIは、違法投票を示す「Election Integrity Project」(分析)の結果について、私に直接に要求してきた。 火曜日までには、全てのデータ(名前、住所、電話番号など)を諜報機関に渡す予定だ。」

「過去数年間に当該機構のリーダーの行動に対する正当な批判はあったが、私は個人的には憲法と法と秩序を守るために戦ってきた、愛国者の仲間であることが証明できる。」

ブレイナード氏は、チームの成果が公聴会や法廷に提示されていると述べた。「更新:私は個人的にアリゾナ州の公聴会で‘選挙の完全性プロジェクト’の調査結果を発表する予定である、‘選挙の完全性プロジェクト’の調査結果は、ペンシルバニア州、ジョージア州、ミシガン州、ウィスコンシン州、アリゾナ州の法廷文書にも含まれている。」

参考リンク:

Matt Braynard: FBI Has Requested Vote Fraud Research

+2
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments