虐童、娈童、乱伦 – 拜登家族传统?

作者:雪山 / 马拉雅-华盛顿DC站   和訳:今夕月 (ヒマラヤ東京櫻花団)

画像ソース:www.tmz.com

最近、ハンター・バイデンHDゲートは世界中で大センセーションを巻き起こした。 昨日流出された大量の写真とビデオが、彼の非常に厄介な生活と衝撃の家族内での混沌とした近親相姦関係を裏付けた。

事実を整理し、全体像をまとめてみましょう。

●ハンターが兄に送ったメールの中で、彼の成長に苦悩する魂を伴うことと述べた。

●ハンターは多くの場所で、子供時代にジョー・バイデンに虐待されたことをほのめかした。 それはどんな虐待だろうか?

●ハンター・バイデンの妹、アシュリー・バイデンは、彼女の日記の中で、ジョー・バイデンが子供の頃に彼女と一緒にお風呂に入り、彼女を猥褻したと述べた。

●既婚者だったハンターは、他界した兄の嫁と不倫関係を続けていたのだ。

●写真はハンター・バイデンと未成年の姪、ナタリー・バイデン(14歳)が近親相姦セックスをしていたことを示した。

●未亡人となった義理姉は、恋人である叔父のハンターが未成年の娘ナタリーと異常な関係にあることを知り、ジョー・バイデンに苦情を訴えるとき、ジョー・バイデンは無関心で未成年の孫娘を守るために行動する必要はないと思われる。

この家族は、ジョー・バイデン以来、通常の伝統的な倫理的概念を持っていなかったことがわかる。人の価値観の形成において、ネイティブファミリーによる影響は、ほとんど不可逆的です。人の不可解な行動の多くはそのネイティブファミリーから手がかりを見つけられる。ハンター・バイデンの子供に対する異常な性的嗜好は彼の生まれたネイティブファミリー、特にジョー・バイデンからかなりの影響を受けていることは明かである。

通常の家族倫理を欠く堕落した政治家であるジョー・バイデンは、常に伝統的で忠実で家族に優しい信者のふりをしてきた。大統領選討論会で、証人が目の前におり、大量の証拠が提示されるにも関わらず、彼は公然と嘘をつき、真相を隠そうとしたのだ。だが、今蓋は既に開けられた。誰もが見たのは一つの腐りきった歪んだ家庭と一人の腐敗極まる政治家だった。この家族は、近親相姦、薬物、児童虐待、児童虐待、賄賂、アメリカの利益を売り渡し、中共との癒着でいっぱいです。 こんな人たちがアメリカを自由世界のリーダーにしてはいけない! こんな不潔な男をホワイトハウスに入れてはならないだ。

5+
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments