フェイスブックザッカーバーグ氏は正真正銘中共の共犯者だ!

作者:Kana2020(ヒマラヤ東京櫻花団)

マーク・ザッカーバーグ氏は当時21歳の若さでフェイスブックを創立し、世界に広く知られていた。今でもユーザー数は24.98万人に上り、世界で最大のソーシャルメディアに成長した。

2014年12月、中共国のインターネット監督当局である国家インターネット情報弁公室で主任を務めた魯煒氏がフェイスブック本社を訪問したとき、ザッカーバーグ氏は温かく歓迎した。社内をザッカーバーグ氏自身が案内し、中国語で紹介した。また、習近平主席が書いた書籍が置かれた机に座るよう同氏を誘った。ザッカーバーグ氏は当時、フェイスブックの社員に「中共国の特色ある社会主義」への理解を促すため、習氏の書籍をプレゼントしている。

2015年にザッカーバーグ氏は習近平国家主席と面談すると、まもなく誕生する第二子の名付け親になってほしいと頼んだとも噂されている。中共国市場参入を狙っていたザッカーバーグ氏は「媚中派」と呼ばれるほど、ITトップ企業代表のなかでも親中姿勢が際立っていた人物だ。

2017年に郭文貴氏はフェイスブックでも爆料革命を掲げたが、すぐにアカウントが永久にロックされた。この件から見てもフェイスブックは中共寄りだと思われる。

2019年にマーク・ザッカーバーグ氏は中共の検閲システムを批判したが、中共国への進出を諦めなかった。彼は言論の自由を守ろうとずっと言ったが、実は中共及びウォール・ストリートの代わりに言論の自由をコントロールしている。

今日は新たにハンター氏のハートディスクから流出した2014年11月4日のメールで中共がフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏を通してハンター氏に金を渡したことが判明した。これはずっと前からフェイスブックは中共の共犯者だと証明している。今回の13日間のメデァア戦の中でも、フェイスブックがジョーとハンター氏の真実を伝え、たくさんの戦友たちのアカウントをロックした。これは明らかに憲法違反の犯罪行為だ。フェイスブックでもマーク・ザッカーバーグ氏でもいつか中共との金銭やり取りを公の場に明かされ、必ず法律に裁かれる日が来ると信じている。

+8
1 Comment
Inline Feedbacks
View all comments
87654321
6 months ago

take down the most evil ccp and its accomplices

+2