沼の水抜きで米国の売国奴を洗い出す

『アメリカン・レポート』の確かな証拠によると、連邦捜査局(FBI)と司法省(DOJ)は2015年からハンター・バイデン、ジョー・バイデン父子と中国共産党の関係を意図的に隠蔽してきたという。2015年8月、元CIA職員で内部告発者のデニス・モンゴメリはFBIと司法省に、ジョー・バイデン前副大統領の息子であるロバート・ハンター・バイデン(Robert Hunter Biden)が関与していた違法行為を証明するために、47台のハードディスクに保存されていた証拠を提供した。モンゴメリがFBIに渡した47台のハードディスクには6億ページの文書が含まれており、ハンター・バイデンとジョー・バイデンが犯した罪の証拠が1万ページにも及び、その中にはバイデン父子のビデオや写真による証拠資料も含まれていた。

CIAの職員として、モンゴメリはジョン・ブレナン(John Brennan)やジェームズ・クラッパー(James Clapper)の下で働いていた。2003年、モンゴメリは9.11後のアメリカを守るために、外国人監視システムとしてハンマーボールト(Hammer Vault)を設計・構築した。 モンゴメリは、2003年から米国政府が、電子的にジョー・バイデンとその息子、ハンター・バイデンを監視するためにハンマーボールトを使用し始めたと主張している。2009年2月3日、ブレナンとクラッパーはハンマーボールトをメリーランド州フォートワシントンに移し、外国人監視システムを使ってオバマの政敵を「恐喝」するようになった。モンゴメリは、オバマ政権がいかに米国の国益の敵になったかを直接目撃したため、内部告発者となった。モンゴメリが提供した証拠と証言と引き換えに、彼は司法省とFBIから 2つの限定的な免責権を与えられた。

モンゴメリによると、オバマ政権はハンター・バイデンを含むオバマ陣営の部内者に1,200台のブラックベリー端末を提供し、そのブラックベリー端末にそれぞれ特別なデジタル名刺帳を設置したという。ヒラリー・クリントンが使用していたブラックベリー端末も、この1,200台のブラックベリー端末に似ていた。ホワイトハウスが提供した1,200台のブラックベリーのそれぞれが、ハンマーボールトの機密情報にアクセスできた。ハンマーボールトは、企業や軍の知的財産、米国の国防機密など、違法に収集された貴重な監視データが安全に保管され、オバマ陣営の部内者だけがアクセスできる秘密のデータセンターだ。ハンマーボールトに保管されている機密情報は、中国共産党やロシアなど米国の敵国に渡っている。オバマ政権は2009年にバイデンとその息子を含む、ハンマーボールトの監視下にない人物のリストを提出した。しかしモンゴメリは、ブレナンとクラッパーが、リスト提出の趣旨に関係なく、バイデンとその息子を監視するために、ハンマーボールトシステムを使用したと述べた。

ハンマーボールトの知的財産監視対象についての詳細なウェブサイトがある。同サイトには、ハンマーボールトが不正に入手した数千の米国企業、個人、組織の監視データが掲載されており、米軍や諜報関係者を対象にしたものであることは驚くべきことだ。同サイトによると、すべての連邦政府機関がハッキングされ、ホワイトハウスやその職員などの情報が傍受されたという。モンゴメリによると、不正に入手したデータは、恐喝や互いの制約に使われていたという。しかし、FBIと司法省は、バイデンとその息子が何をしているかを知っていたにも関わらず、米国を再分配し、敵に売っているという事を証明できる証拠を隠蔽していたのだ。

出典:

排干沼泽之揭露美国卖国贼

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

喜马拉雅 日本京都富士会

京都富士会(隶属于全球喜马拉雅农场) 使命:推翻中国共产党,拥护新中国联邦,遵守新中国联邦宣言和喜马拉雅联盟章程,实现中国法治,民主,自由,爱好和平,成为新中国联邦与国际社会沟通的桥梁。 点击链接,欢迎加入日本富士会 https://www.g-farm.org/contact Oct. 26