閻博士は中共出張の鉱山洞説の嘘を解説

雲南の修士論文では、明確的にこの六人の鉱夫が成功的に肺検査を行っていなかったため、正確的に彼らがCCPウイルスを感染したのを証明できない。彼らは病気になってから死亡まで、或いは回復して退院まで、患者の体からこのようなウイルスを分離する、或いは体にウイルスがあると証明できる1人の患者もいない。CCPは、このウイルスが人間の体に極めて強い親和性があり、人間集団中での流行がウイルスの指向的なスクリーニングに導き、だからコウモリの体から人の体へ移った後、CCPウイルスになったわけと考えさせるように、人々を誘導したわけだ。

雲南にはたくさんの動物がおり、ではなぜ、ウイルスがコウモリの体から雲南にある他の動物の体に移らず、コウモリと同じ部屋にいる動物の体でさえウイルスが進化せず、人体にだけとても強い結合力があるのか。石正麗氏は常にこのウイルスを持っていないことを強調し、彼女が唯一の基因を持ったため、だから最初特定の基因4991を舟山コウモリのウイルスに埋め込んだ後、調査しても全体のウイルスを探せず、少しだけ調査できる。基因4991を見つけた後、雲南坑井穴説に関する議論が広げている。

研究に関する利益の交換が皆さんの想像より超え、専門家らが初めて坑井穴説を発表して名をあげられ、さらに今回の審査とその他の制度では責任を認めなく、またたくさんの資金が後続調査を支持し、一生を終えて坑井を探し終われなく、研究資金が継続的に流れてくる。だから、雲南坑井穴説が世界のメディアで議論を広げており、CCPが喜んで認める。ただし、CCPは、鉱夫が確実にCCPウイルスを感染したのを証明でき、閆麗夢博士が言ったウイルスのサンプルと配列のサンプルを提供できない。CCPにはその他の流行病学の資料がなく、これは彼らの致命的な欠点だ。

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments