WHO、海外渡航用ワクチンパスポート廃止を勧告

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 煙火1095

1月19日、WHOは、1月13日に開催された中共コロナウイルスパンデミック緊急委員会の中間会合の声明を発表した。

声明には、WHOから締約国への11の暫定勧告が含まれており、そのうち第6条は「国際旅行の禁止を解除または緩和することに賛成」、第7条は「国際旅行の際に中共コロナウイルスに対するワクチン接種の証明を要求しないことに賛成」となっている。つまり、WHOは少なくとも海外渡航時のワクチンパスポートの廃止を推奨しているのだ。

専門家は、WHOのこの動きが何を意図しているかは不明だが、本提案は、少なくとも影響を受ける多くの国にとって、ワクチンの強制力をなくすという点でプラスの効果をもたらす可能性があるとみている。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments