ゼレンコ博士、中共ワクチン接種は死に至る

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / cyberant(文蒙)

1月18日、ゲッター(GETTR)投稿によると、ゼレンコ(Vladimir Zelenko)博士は最近、メディアのインタビューで、中共ワクチン(新型コロナワクチン)の接種は、急性、亜急性、長期の3段階で国民に深刻な悪影響を及ぼすことになると指摘した。

ゼレンコ博士は、急性副反応はワクチン接種後3カ月以内に発生すると説明した。中共ワクチンを接種すると、体内で数兆個のスパイクタンパク質が生成され、接種者の血管の内壁に付着した大量スパイクタンパク質が血栓症のような致命的な病気の引き金になるという研究結果が出ている。アメリカCDCのスタッフによると、2021年12月末までに4万5千人以上のアメリカ人がこのような急性副反応によって死亡している。実際の死亡者数はもっと多いようだ。

さらにゼレンコ博士は、若者が中共ワクチン接種後、短期間で心筋炎を発症し、入院する場合があり、その中、妊娠初期の女性では流産の危険性が極めて高いと言及した。

中長期的なワクチンの副反応として、ゼレンコ博士は、中共ワクチンによって接種者の自己免疫疾患の発生率が上がり、癌の発症リスクが高まると主張し、一方、女性には卵巣機能不全や妊娠機能障害が生じ、同時に男性には精子数の減少が起こる可能性があると付け加えた。

ゼレンコ博士は最後に、中共ワクチンがもたらした最大のリスクは、ワクチン接種後3カ月から3年の間に起こる亜急性抗体依存性感染増強(ADE)であると言及した。個体が同じような抗体を持つウイルスに攻撃されると、ワクチン接種者は急速に死に至る可能性があると述べた。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 叁貳壹倒計時
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春雨绵绵
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments