ブラジル13歳の少女 中共ウイルスワクチン接種後死亡

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白雲朵朵

現地時間1月12日、ブラジルメディアによると、13歳の少女がファイザー社の中共ウイルスワクチン(新型コロナワクチン)を接種した後、死亡した。

報道によると、少女は2021年11月6日に中共ウイルスワクチンの初回接種を受けてから5日後、顔の片側に麻痺、及び体力低下の症状が現れた。ベル麻痺と診断されたため、副腎皮質ホルモンの薬物治療を受けた。しかし、それから数週間にわたって、病状が悪化し、同年の12月29日に呼吸器疾患で入院治療を受け、その後、2022年1月2日に挿管手術を受けるために転院したが、結局1月10日に亡くなった。

悲しみの中、少女の母親は娘が生前、何の健康問題もなく、亡くなったのは接種した中共ウイルスワクチンにほかならないと述べた。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 夏目&山竹
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 日本文J小蚂蚁
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments