メディア発表によると:フォウチ、武漢での新型コロナ機能獲得実験を承認

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白雲朵朵

1月10日、新型コロナウイルスの起源とその機能獲得に関する研究の調査で驚くべき発見があった。メディアが公開した米国防省の文書によると、米国国防高等研究計画局(DARPA)は武漢新型コロナウイルスの機能獲得実験の提案を却下した。2014年に一部の連邦機関で危険なバイオウイルス流出事件が発生してから、米国はインフルエンザ、MERS、SARSウイルスの機能獲得に関する研究を支援しなくなったと明らかにした。

DARPAの研究員Murphyの手紙によると、SARS-CoV-2はアメリカで発見された組み換えコウモリウイルスまたはそのプロウイルスであり、中国武漢ウイルス研究所のエコヘルスアライランスのプロジェクトによって複製されたと明らかになった。当時、DARPAはこの提案を「危険すぎる」「モラトリアム違反の可能性がある」として却下した。しかし、フォウチが率いるNIHとNIAIDがこの提案を承認し、コロナウイルスの機能獲得実験が米国の数カ所と武漢ウイルス研究所で実施されるようになった。米国議会の尋問に対し、フォウチは一度もやったことがないと宣誓した。

また、Murphyの手紙には、新型コロナウイルスの重要な治療薬であるイベルメクチン、ヒドロキシクロロキン、インターフェロンなどが強く抑制されていることも言及されている。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 叁貳壹倒計時
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

1 Comment
Inline Feedbacks
View all comments
东京樱花团🌸曲别针

媒体公开披露:福奇批准了新冠病毒在武汉的功能增强研究
Public Media Disclosure: Fauci Approves New Coronavirus Function Enhancement Study in Wuhan
メディア発表によると:フォウチ、武漢での新型コロナ機能獲得実験を承認