表現の自由を追求し、反体制派がGETTRに大規模に移行

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 春香

1月11日Gettrでは、フォックスの有名な司会者タッカー·カールソン氏と、2020年の民主党大統領候補トゥルシ·ガバード氏が正式にGettrに登録したというニュースが発表され、更なる多くのGettr新規登録者を引き寄せた。

Gettrのジェイソン・ミラーCEOは以前、Gettrは言論の検閲を拒否し、反体制派の参加も歓迎し、個人的な意見を自由に述べることができると述べた。トゥルシ・ガバード氏の参加は、Gettrが外部コメントのような、単なる保守派の声を発するプラットフォームではなく、凡ゆる反体制派が自由に発言できるソーシャルプラットフォームであることを示している。

ツイッターやフェイスブックのような伝統的なソーシャルメディアが、検閲の基準を益々厳しくしているにつれて、Gettrに加入する人が絶えずに増えている。特に最近「ポッドキャストの帝王」ジョー・ローガン氏の参加が、Gettrには1日当たり50万人という驚異的な新規登録者数を記録させた。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 诺亚
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments