恒大は、深圳ビルの看板撤去、慌てて深圳から撤退へ

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白色战友

1月10日、恒大は既に深セン本社ビルから退去し、ビルにある恒大集団の看板も撤去された。関係者によると、恒大は昨年12月にこのビルから退去し、本社を広州に移転したのだという。早々に誰かのSNSで、恒大は破綻から2カ月後の11月に、その深圳本社が既に人影なく、一面散らかっているままだと暴露している。

情報によると、恒大は2017年に正式に本社を広州から深圳に移転し、その後、2020年まで恒大の売上が5000億から7200億に著しく上昇したという。アナリストは、恒大がまさに債務破綻になった時、特に、2021年の売上が2017年の水準を下回るところまで大幅に下落したことを背景に撤退したのだ。そして、こうした慌てた撤退は、恒大の将来に対する市場の不安をさらに悪化させるだろうと指摘した。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 麗子
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 定於二尊
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments