ノースカロライナ州の高校、コロナ禍の影響でバス運行を停止

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / eiei

米国メディア、1月8日の報道によると、数十人のバス運転手が中共ウイルスのPCR検査で陽性反応が出たため、ノースカロライナ州の2つの高校生徒は、少なくとも2週間はバス通学ができなくなると報じられた。

報道によると、76人のバス運転手が陽性反応を示した後、この学区の人員と教職員に深刻な人手不足が生じたという。バス運転手をパンデミック期間中に確保するため、地元政府は運転手の基本初任給を時給15ドルに引き上げ、更に皆勤賞として月1000ドルのインセンティブを支給している。一方、最近の感染者の急増により、米国では航空業界から公立学校まで、あらゆる業界が同じような困難に直面していると報じた。

先月、米国疾病管理予防センター(CDC)はPCR検査と隔離の規則を更新した。改訂版ガイダンスでは、現在、感染者の隔離期間を5日間に短縮することが推奨されているようだ。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 叁貳壹倒計時
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments