ワクチン強制接種の国は殆ど一党独裁だ

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 天路天道

1月7日の大生放送で、新型コロナワクチン強制接種問題について語った郭文貴氏は、世界的に見ても、新型コロナワクチン強制接種政策が非常に急進的に進められている国は、現在執政中の政党がほぼ1つの党派から来ていると指摘した。国会、大統領、裁判所、即ち立法から行政規定の発布、法の執行に至るまで、過度の権力集中が行われているのである。 彼らはビッグファーマと手を組み、全人類に新型クラウンキラーワクチンを接種することで意見が一致している。

歴史的に見ても、これらの政党はこれまで殆ど行政管理に関与していなかったが、ウイルスのパンデミックが起きた時の選挙で政権を乗っ取ったのである。その指示の下、医療大手企業は新型コロナワクチンの成分や接種による体調悪化のデータを少しも提供しなかったのである。特に、大量の死者を出したことについては、1つの数字も公表されていない。

益々多くの論理的な常識を持った人が分かったのは、新型コロナワクチンを接種した人がよりウイルスに感染しやすいので、新型コロナワクチンを止めることが人類にとって急務であることだ。しかし、この状態でも、一党独裁の政権は、過去の2回接種から、現在のブースター注射、さらにコロナウイルスワクチンの強制接種を計画し、毎月、毎年ブースターで生涯接種することを義務化しようとしている。

郭文貴氏は、新型コロナウイルスやワクチンに注意し、事前に薬を常備しておくよう、改めて有志の皆様に呼びかけた。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 轰趴少年
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 定於二尊
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments