米国医師会はCDCの新検疫ガイドラインを非難

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 老黑

1月5日、米国医師会AMA、米国疾病予防管理センターが「混乱を招いた」と「逆効果」であるコロナウイルスの検疫と隔離に関する新しいガイドラインを発行したと非難した。

委員会議長のジェラルド・ハーモン博士は声明の中で、米国民は直ちに、正確で明確な指導を受けるべきだと述べた。それどころか、CDCの新ガイドは、混乱を招くだけでなく、ウイルスを広げるリスクも高めた。隔離と検疫期間が以前の10日から5日に短縮されると、職場や学校で数十万人の感染リスクが高まる。

医師たちは、オミクロンの重症度と免疫回避反応、ワクチン効果を確認するため、これからより多くの研究を行うべきだが、これらのガイドラインは、医療保健システムにさらなる圧迫感を与える可能性がある。また、ハーモン博士は政府にできるだけテストキットの利用を高めるようにと催促した。ただし、テストキットの欠如は、検疫期間を短縮する理由にはならない。CDCはガイドラインの変更理由について、ウイルスが一般的に発病の1〜2日前と発病の2〜3日後に広がることを研究で示していることを強調した。しかし、隔離期間を5日に短縮するのは実は多くの分野で人手不足に関係しており、社会全体は基本機能の正常運営において深刻な問題に直面していると評論家がコメントした。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春華秋実
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments