連邦判事はFDAにファイザーのワクチンデータを8か月以内に公開するよう命じた

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 自由空气

1月6日の米国メディアの報道によると、ファイザーの中共ウイルスワクチンデータに関して、連邦判事はFDAこれまでのリリースタイムラインの主張を拒否した。 

2021年9月、イェール大学、ハーバード大学、UCLA、ブラウン大学の30人以上の教授と科学者がファイザーに対して集団訴訟を起こし、その中で、原告はFDAとファイザーに中共ウイルスワクチンの研究データに関するすべての情報を開示するよう要請したと報じられている。 

情報によると、FDAは当初ファイザーの中共ウイルスワクチンに関するデータを月に500ページだけ公開する予定であり、全体のデータが開示されるまでに75年かかると予想されている。 これに応じて、連邦判事はFDAに、8か月以内にすべてのデータを開示できるように、代わりに月に55,000ページのデータを公開するように命じたのだ。 

判事は、誰も不必要な治療を受けることを強制されるべきではなく、中共ウイルスワクチンの強制接種は、免疫力の低下、深刻な副反応、さらには死亡事例を含む、公衆に甚大な健康被害を引き起こしたことを強調した。 また、連邦政府が中共ウイルスワクチン接種義務化を行い、情報の透明性に対する国民の要望を無視することにより、アメリカ国民の基本的人権を侵害したと当判事は主張している。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 麗子
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments