ドイツ政府のデータ:中共ウイルスワクチンを全接種した人はエイズにかかるかもしれない

翻訳:MOS多言語チーム – 上天的使者

This image has an empty alt attribute; its file name is image-40-1-9-6.png

1月2日の外国メディアの報道によると、ドイツ政府のデータによると、中共ウイルスワクチンを全接種した人の免疫システムの抵抗力は87%減少した。つまり、ワクチンを全接種した人の免疫システムの抵抗力は最後の12.3%しか残っていない。2022年1月末までに、ほとんどの全接種者は多分後天性免疫不全症候群を全面的に勃発するかもしれない、すなわちエイズである。

聞くところによると、ドイツ政府のデータはRobert Koch研究所からのものである。ドイツ人の中共ウイルスワクチンを全接種した割合は70.53%で、一部接種の割合は2.97%で、その他は未接種者である。オミクロン感染者のサンプル調査によると、全接種者は未接種者より感染のリスクが8.12倍増加した。同時に、本当に免疫システムを破壊するのは三回目のワクチンである。接種の回数が多いほど、免疫システムの退化はより速いが。未接種者は比較的に安全であり、同時に中共ウイルスに対する集団免疫を形成している。

参照リンク:https://gnews.org/zh-hans/1827297/

This image has an empty alt attribute; its file name is F1C30581-642E-4728-BA67-6179D9B8FC58-1.jpg

アップロード:文留

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya |GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

This image has an empty alt attribute; its file name is image-40-1-9-3.png

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments