秘訳オンライン:米国は中国共産党が脳をコントロールする兵器を開発したと非難

翻訳: 文字燒

画像の出処は:本記事のリンクによるものです

『Federal Register』のあるレポートによると、米商務省が、中国共産党軍事医学院とその研究機関11社を、バイオテクノロジーを利用して人権を侵害し、脳をコントロールする兵器など、米国の国家安全保障を損なう技術を開発している疑いで非難していたことがわかった。 木曜日、バイデン政権は、30以上の中国共産党の研究機関や団体に貿易制裁を課したと発表した。

米国商務長官ジーナ・ライモンド(Gina Raimondo)は、「バイオテクノロジーと医療技術革新の科学的追求は、人命を救うことができる。 残念ながら、中国共産党はこれらの技術を国民をコントロールし、少数民族や宗教団体のメンバーに対する弾圧を追求するために使うことを選択している。米国の商品、技術、ソフトウェアが、(中国共産党の)医学やバイオテクノロジーを支援するために使われ、それによって米国の国家安全保障が脅かされることは許されない。」と述べた。

米国情報機関は、中国共産党が「抑圧装置の一部として」新疆に「ハイテク監視システム」を構築し、当局は生体顔認識技術で集団監視を行うだけでなく、12歳から65歳までのすべての新疆住民からDNAサンプルを採取しているというと発表している。 中国共産党の「軍民統合」戦略の下、北京は遺伝子編集、人間のパフォーマンス向上、ブレイン・マシン・インターフェース、生体材料などの研究に資金を提供するなど、新興バイオテクノロジーを将来の軍事用途に利用しようとしていると述べている。

米国国務省は、中国共産党による新疆ウイグル自治区のウイグル族などイスラム系少数民族への弾圧を、強制労働や不妊手術などの「ジェノサイド」とみなし、米国の国家安全保障に脅威を与えていると指摘する。

ネットユーザーのコメント:怒れる民衆を前に、習近平は自らの過ちを償うためにイスラム教徒を解放するか、世界征服の野望を阻むために国際的な尊敬を失うかのどちらかであるだろう。

情報源:https://gnews.org/zh-hans/1770833/

校正:待命(文晓)

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

秘密翻譯組G-Translators

秘密翻译组需要各类人才期待战友们的参与: https://forms.gle/bGPoyFx3XQt2mkmY8 🌹 欢迎大家订阅 - GTV频道1: https://gtv.org/user/5ed199be2ba3ce32911df7ac; GTV频道2: https://gtv.org/user/5ff41674f579a75e0bc4f1cd Dec. 19