中共、牽引技術を利用しマレーシア航空墜落事故を操作

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白雲朵朵

12月3日のライブ配信で、郭文貴氏がマレーシア航空墜落事故の進展に関する質問に答えた。郭氏は、マレーシア航空の墜落事故は江綿恒と孟建柱が関与した臓器移植の内幕と関係すると説明した。マレーシア航空の墜落原因となった牽引技術は正に江綿恒が責任当局者である。江綿恒とその家族は何度も臓器移植を行った、孟建柱の家族も生体臓器移植の手術を受けた事実がある。臓器需要に対するオンデマンド殺人の真相を隠し、内情の知る関連医師を口封じするために、彼らは牽引技術を利用して、マレーシア航空M370墜落事故を起こした。

郭氏はこう語った。マレーシア航空事件は、当時欧州連合、米国、英国に大きな影響を与えた。この事件を通じて、米国情報機関は、「暴料革命」が把握している中共の核心秘密と情報を信じるようになった。中共の監視技術は、世界中のあらゆる人に対し、あらゆるパソコンや携帯電話を通して盗聴ができ、レーダーで車や船のコントロールもできる。例えば、WhatsAppやWeChatも安全ではない。マレーシア航空事件から、西側諸国は中共の世界を支配する野心と能力を再認識した。そして、新型コロナウイルスによるパンデミックも、この事実を証明してくれたという。

また、マレーシア航空墜落事故は、中共の内部闘争を激化させた。習近平は、政敵が握る監視技術が常に身の安全への脅威を感じるため、マレーシア航空事件に関与した全ての計画者を排除しなければならないという。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 诺亚
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春華秋実
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments