17万5千人のロシア軍が集結してウクライナ国境に押し寄せる

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白色战友

12月3日、米国メディアは、米国情報機関の非機密情報文書から入手した情報により、ロシアがウクライナの国境付近に17万5千人の軍隊を集結させ、マルチラインでの攻撃という侵攻計画を仕掛けていることを明らかにした。この報道は、中共がロシアと共謀して、台湾とウクライナへの同時攻撃を計画していると、郭文貴氏が2度にわたってライブ配信で暴露した内容を裏付けるものだった。

マップ

自動的に生成された説明

衛星画像を含む米国情報機関の情報によると、ロシア軍は4ヶ所で集結しており、100程大隊レベルの戦術チーム、約17万5千人を動員している。そのうち、50の戦術チームがすでに配置済みで、新たに到着した戦車や大砲も配備されている。

ロシアは、2022年の初めにウクライナに対して軍事攻撃を開始する計画で、集結の規模は昨年春にウクライナ国境付近で行った迅速な軍事演習の2倍になっていると、匿名の政府関係者が語った。

数日前、米国のジョン・ブリンケン国務長官は、ロシアがウクライナに対する大規模で侵略的攻撃計画を練っていた証拠を明らかにした。ブリンケン国務長官はロシアに対して、米国が必ず新たな制裁を実施することを警告した。金曜日、バイデン政権は、ロシアの軍事攻撃のあらゆる可能性に対処するための厳しい措置を準備していると述べた。現在、バイデンとプーチンのオンライン・緊急サミットが現在進行中と報道されている。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 叁貳壹倒計時
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 定於二尊
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments