米国とEU、第2回対中共政策対話を開催

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 天路天道

12月2日、バイデン政権は、EUとの間で中共に関する2回目のハイレベル対話会合を開催し、その後、共同声明も行うと発表した。

今回の対話では、人権、多国間主義、情報操作、安全保障に関する問題を中心に、中国共産党に関わる経済・技術分野に潜む様々な落とし穴についても米欧で話し合うと報じられており、その中でも台湾が重要な議題になると予想される。

米国政府関係者は、EUと米国は同様な民主主義の制度や規範に基づく国際秩序にコミットしており、中国共産党へのアプローチにおいても両者は自然にパートナーとなると示した。 資料によると、中共の人権問題が悪化していることに対して、米国とEUがこれまでにいくつかの共同行動をとってきたことがわかる。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春華秋実
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments