秘訳オンライン:ファイザー社の最初のワクチンのファイルから衝撃的な副反応報告

翻訳:待命(文暁)          

(画像は本記事のリンクによるものです)

米食品医薬品局(FDA)がファイザー社のCCPウイルスワクチンに関連するデータの公開を極端に遅らせていたことが実を結び、毎月500ページしか公開されず、32万9000ページのデータが完成するには2076年までかかるが、公開されたデータは驚異的なものであると、12月2日にZero Hedgeが報じた。

カイル・ベッカー氏による最初の報告では、42,086件の副作用の症例報告(医学的に確認されたもの25,379件、医学的に確認されていないもの16,707件)があり、合計158,893件の症例をカバーしていた。そのうち、米国では13,739件、英国では13,404件、イタリアでは2,578件、ドイツでは1,913件、フランスでは1,506件、ポルトガルでは866件、スペインでは756件、残りの7,324件はその他56カ国で報告された。そのうち25,000件以上が「神経疾患」に分類されている。

ワクチンが公開されて以来、OpenVAERSグローバルデータベースに報告された有害事象は913,000件を超え、その内訳は、死亡19,249件、入院97,561件、救急101.372件、流産3,071件、心臓発作9,546件、心筋炎・心膜炎14,428件、後遺障害30,967件、感染症4,512件などとなっている。血小板減少症、生命を脅かす症例が21,583件、重篤なアレルギー反応が34,189件、帯状疱疹が10,643件と、これはあくまでも報告された内容である。

一方、Twitterは@iGNORANTCHiMPのアカウントを停止し、ガル・シャレフ(Gal Shalev)氏のツイートによると、裁判所の命令により、FDAはファイザー社の予防接種に対するEU認証の根拠となったデータを公開しなければならない。FDAは裁判所に対し、この情報を55年以上機密にしておくよう求めたが,裁判所は、月に500枚の文書を公開するようにとの命令を返してきた。

情報源: 辉瑞公司第一批疫苗文件中爆出惊人的不良反应报告 – GNEWS

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

秘密翻譯組G-Translators

秘密翻译组需要各类人才期待战友们的参与: https://forms.gle/bGPoyFx3XQt2mkmY8 🌹 欢迎大家订阅 - GTV频道1: https://gtv.org/user/5ed199be2ba3ce32911df7ac; GTV频道2: https://gtv.org/user/5ff41674f579a75e0bc4f1cd Dec. 03