秘訳オンライン:約9,000人の海兵隊員が期限までにCCPウイルスの予防接種を受けなかった

翻訳:待命(文暁)

(画像は本記事のリンクによるものです)

12月1日、ニュースマックスは軍事サイト「ミリタリー・ドット・コム」の報道を引用し、CCPウィルスワクチン接種義務化の期限である11月28日を過ぎても、約9,000人の米海兵隊員がワクチン接種を受けておらず、そのほとんどが免除申請をしていないと報じた。

月曜日、海兵隊は、5%の部隊がCCPウィルス(COVID-19)の予防接種を一度も受けていないと報告した。そのうち、約1,300人はCOVIDワクチンを一時的に免除されているか、宗教上の免除申請を待っている状態である。

海兵隊はプレスリリースの中で、約18万人の隊員のうち2,441人がそのワクチンの義務化に対する宗教的免除を要求していると述べている。現在、1,902件のリクエストが処理され、承認されたものは一つもない。しかし、一部の海兵隊員は別の免除措置を受けていた。この声明によると、316名の海兵隊員に一時的な医療免除が、452名の海兵隊員に一時的な行政免除が与えられた。 後者は通常、180日以内に退役を予定している人に与えられるもので、報道機関は14人が永久医療免除を受けたと報じた。

報道によると、予備役の海兵隊員は12月28日までにCCPウイルスの予防接種を受けなければならない。現在、海兵隊予備軍の79%がCCPウイルスワクチンを少なくとも1回接種している。

情報源: 约9000名海军陆战队员截止日到来时未接种中共病毒疫苗 – GNEWS

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

秘密翻譯組G-Translators

秘密翻译组需要各类人才期待战友们的参与: https://forms.gle/bGPoyFx3XQt2mkmY8 🌹 欢迎大家订阅 - GTV频道1: https://gtv.org/user/5ed199be2ba3ce32911df7ac; GTV频道2: https://gtv.org/user/5ff41674f579a75e0bc4f1cd Dec. 02