ウガンダ唯一の国際空港が中共に接収される可能性

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 老黑

屋外, 座る, 大きい, 飛行機 が含まれている画像

自動的に生成された説明

11月27日、海外メディアは、2015年に中共の輸出入銀行から融資を受けて拡張工事を行ったウガンダのエンテベ国際空港が、融資の返済ができなくなり、争点となっている融資契約の条件を再交渉したいと考えているが、中共にはっきりと拒否されたと報じた。その結果、ウガンダ唯一の国際空港は、中共の輸出入銀行に接収される可能性が出てきた。

各国が中共からの借り入れを返済できないことは珍しくないと報告されている。2017年、スリランカは中共の数十億米ドルの融資を返済できなかったため、99年間のリースでハンバントタ港を中共にリースすることを余儀なくされた。ケニアでも同様の状況が発生したが、ケニア政府は予定通りに32億米ドルを超える中共の融資を返済できなくても、国の重要な経済港であるモンバサ港が中共の手に渡ることは決してないと明確にした。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 文战
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments