中朝脅威に対応すべく、日本は軍事費再増計画で海・空防衛強化

翻訳:【日本東京方舟農場】两棵树

(画像はウィキペディアより)

《ロイター通信社》11月26日の報道によると、日本は日々増している中朝脅威に伴い、過去最大規模の軍事費のもとに更に67.5億ドルの追加で空中・海上防衛の強化を計画している。

報道によれば、岸田文雄総理が率いる政府は26日に、この軍事費増加支出を予算追加の一部として決定したが、国会の通過が必要である。

このような国防支出の増加はよくあることだが、今回、日本防衛省が出した7740億円(67.5億ドル)規模は史上最高である。

日本防衛省は提案の中で“安全保障環境が前例のないスピードで厳しさを増す中、我々の緊迫された任務は、各種事項を加速化して実行することだ”と述べた。

 また、防衛省はこの追加経費の支出で日本が潜水艦攻撃ミサイル、対戦哨戒機と軍用輸送機が早くも取得できると表明した。

 導入した資金で日本は計画よりも3か月前倒して、東海(日本は日本海と呼ぶ)の島々の地対空ミサイル発射装置のアップ及び他の愛国者PAC-3ミサイルバッテリーをアップした。これは、北朝鮮のあらゆるミサイルの攻撃を防止する最後のラインになる。

参考リンク:https://cn.reuters.com/article/japan-defence-expenditures-1126-idCNKBS2IB0V5?il=0


校正:風花雪月

配信:miumiu

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments