【新闻访谈】ミズーリ州の裁判官は、医療関係者のワクチン接種を強制する行政命令を中止すると裁定した

翻訳:香草山農場 – 霍比特人

11月29日、ミズーリ州東区裁判所のマシュー・スクルプ裁判官は、バイデン政府が医療関係者にCOVID-19ワクチンの接種を要求する行政令を阻止する判決を下した。

これに先立ち、ミズーリ州のエリック・シュミット検事長とネブラスカ、アーカンソー、カンザス、エホバなど9州の検事長が共同で、医療関係者のワクチン接種の強制に反対する訴訟を起こした。

スクラップ判事は判決で、「医療保険と医療援助センターCMSが制定した法規は、国会の承認されていない、基準の公衆評議期間も設定されていない。同時にCMSは有効な証拠を提供していない、ワクチン接種状態が医療施設におけるcovid-19ウイルスの伝播に直接影響を及ぼしていることを証明している」と述べた。

彼は「CMSは国の伝統的な権威分野を超え、連邦命令で数百万人の米国人の個人医療決定を支配することを要求し、このような行為は伝統的な連邦制の概念に挑戦した」と強調した。

11月下旬現在、米国の半数以上の州がバイデン政府のワクチン強制令状に対して法律訴訟を起こしている。

参照リンク:https://gnews.org/zh-hans/1708823/

アップロード:文留

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya |GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments