スタグフレーションと流動性の罠について

翻訳者:ニューヨーク香草山農場健身部 – 幸福鳥

通常の状況下では、経済発展は通貨に対する需要と通貨投入量を増加させ、適度なインフレをもたらす。価格の上昇が生産と消費に一定の刺激効果をもたらすため、適度なインフレは経済発展にも有利である。誰もが経済について楽観的でなければ、消費が減り、生産投入量が減り、通貨に対する需要が減り、デフレが起こる。

しかし、景気が停滞しているのに物価が上昇しているという状況もあり、スタグフレーションとも呼ばれている。これが現状である。

このような状況は主として、構造的な不均衡と不適切な政府の対応策によって引き起こされた結果である。たとえば、中国共産党ウイルスのせいで、多くの人々が仕事をせず家に滞在し、生産と物流も制限される。しかし、企業は、労働法に従って、賃金を相変わらず支払わなければならない。そして政府は必死にお金を印刷し、さまざまな補助金を発行している。もし一時的であれば、それほど深刻な状況にはならない。しかし問題は、中国共産党が止めずに変異ウイルスを放出するということである。さらに悪いのは、変異ウイルスの後に、有毒なワクチンがあることである。有毒なワクチンの弊害は長期的かつ広範囲に及んでいる。ちなみに、世界の半数以上の人々がすでに有毒なワクチン接種を受けていた。

労働力不足とサプライチェーンの障害により、製造業者は効果的な生産を組織することができない。投資意欲がなければ、政府が印刷したお金は生産現場に流れることができない。しかし、お金は消費者セクターに流れ込む。お金が増える一方、商品が減っていく。その結果、価格が上昇しつつある。一部の人々は価格の上昇を見て、お金の一部を使って物資を蓄える。それによって、商品価格はさらに上昇する。この現象はスタグフレーションと呼ばれる。資金は生産分野に流れず、むしろ消費分野と物資の貯蔵に流れ込む。それが流動性の罠と呼ばれる。金利がどんなに低くても、メーカーは資金を借りて生産を拡大したくない。

1970年代、原油価格の高騰とブレトンウッズ体制の崩壊が西側のスタグフレーションを引き起こした。レーガンとマーガレット・サッチャーは、減税などの非ケインズ派の方法で危機を解決した。プラザ合意の後、円高は日本の不動産バブルと構造的不均衡を引き起こし、最終的に日本の株式市場と不動産の急激な落ち込みにつながった。それ以来、日本経済は20年以上停滞しつつあった。もちろん、それは高いレベルでの停滞であった。現在、中国共産党ウイルスとワクチンは、歴史上大規模なスタグフレーションを引き起こしている。これについて、過去1年間のダウジョーンズ指数と米国の住宅価格の上昇を見れば、分かるはずである。しかし、生産は再開されたか。生産は回復する見込みがあるか。バブルが破裂すると、世界はどうなるか。その場合、株式市場と住宅価格が急落し、ゴールド以外の商品価格も急落するであろう。

したがって、その前に強調したように、今後3〜5年内にHコイン、Gシリーズ、ゴールド以外に、他に何もないであろう。

原本リンク:

三票先生Mr.3rights on GETTR

アップロード:小鹿  

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments