ファイザーのワクチン臨床試験の結果、接種群の全死因死亡率はプラセボ群より高かった

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / eiei

イスラエル・ナショナル・ニュースが11月17日に報じたところによると、米国食品と医薬品局が発表した最新の報告書では、ファイザー社のワクチンの臨床試験において、接種群の全死因死亡率がプラセボ群より高かった。

FAD(アメリカ食品医薬品局)は、昨年12月に限定的な緊急使用の承認を得た後、2021年8月にファイザー・生物工学会社の中共ウイルスワクチンを全面承認した背景情報を提供するための報告書だ。それによると、ファイザーのワクチンの臨床試験開始から6カ月後に、接種群から報告された死者の総数は、プラセボ群より4分の1近く多かった。にもかかわらず、報告書は「ワクチンと関連があると考えられる死亡者は一人もいない」としている。ゼレンコ医師は25日にGettrでメッセージを転送し「ワクチン大虐殺(Pandemic of the vaccinated)」と呼んだ。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments