岸田首相「臨時、異例の措置」外国人の入国を30日から禁止

作者: 東京櫻花団/夏目&山竹

(画像は桜団団設計グループの作品にです)

岸田文雄首相は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が欧州などで急拡大する状況を踏まえ、外国人の入国措置は30日午前0時から全世界を対象に禁止すると表明した。日本人の帰国者らを対象とした待機措置についても「9カ国に加えて14カ国・地域から帰国する場合、厳格な隔離措置を実施する」と説明。官邸で記者団に「情報がある程度明らかになるまでの臨時、異例の措置だ」とした。

日本政府関係者によると、外国人の新規入国が事実上できなくなった。未曾有のパンデミックで、変異株の蔓延防止策として、ウィルスが国内への侵入ルートを遮断できる有効な手段だと筆者が思う。先日の記事によると、病院の大量の感染者を受け入れる体制も整い、新内閣が積極的に対策を切り出している。ただ、治療薬に関しては、今までと同じ方針だ。郭文貴氏が率いる爆料革命は、新型コロナウィルスが流行る当初から、ウイルスの真実と、予防や治療に使える薬について、人々に伝えてきた。また、日本にも治療法を知っている医師がたくさんいて、新型コロナウィルスの治療に有効な薬があることを常に人々に伝えている。政治家として、すべての側面を考慮しなければいけないが、今回のように人々の命がかかっている重要な時期には、政治家の役割を果たさなければいけない。それが政治家としての真価を問われるところだ。

情報源:https://www.tokyo-np.co.jp/article/145447

校正:東京桜花団/闻雨
アップロード:東京桜花団/平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments