米国の大手自動車メーカー3社がワクチン接種の強制を中止

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白色战友

11月22日、フォード、ゼネラルモーターズ、ステランティスの3社は、雇用条件としての強制的な予防接種を中止することで全米自動車労組と合意した。

画面に表示された男の顔

中程度の精度で自動的に生成された説明

自動車労組は、労働者のワクチン接種状況は非公開とし、個人に自由な開示方針を維持するとの声明を発表した。自動車労組の各社は、予防接種の状況を報告する方法、場所、タイミングについて、従業員に補足としてコミュニケーションを提供する。同時に、健康上の問題や宗教及び信仰上の信念などの個人的な理由を、予防接種の免除申請として受け付けることができるようになる。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 夏目&山竹
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments