リトアニア、中国共産党の外交的処罰に反発

 翻訳者:ヒマラヤ東京櫻花団 /相思小小小蚂蚁

11月24日、リトアニアのランズベルギス外相は、中国共産党が台湾問題を理由に両国の外交関係を大使級から代理大使級にと公表したことに対し、リトアニアは一連の対抗措置を講じると表明した。

スーツを着た男性と文字の加工写真

低い精度で自動的に生成された説明

彼は米国を訪問中に、「経済的に抑圧されているからといって、外交上の自主的な判断を放棄することはない。中国共産党の強制的なパワーによって、リトアニア企業は中国での利益が損なわれたが、リトアニアはこの機でサプライチェーンにおける中国共産党への依存度をへらそうと述べた。

また、リトアニアの外務大臣、副外務大臣をはじめとする政府関係者や国会議員は、数日前に元香港衆志の主席、元立法会議員の罗冠聪氏と会談し、香港の自由と民主主義への支持を表明した。リトアニア議会の17人の議員が、リトアニアの政治家だけでなく、アスリートに対しても冬季オリンピックをボイコットする請願書に署名した。リトアニアのスポーツ大臣は、北京で開催される冬季オリンピックに参加しないことを表明した。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春雨綿綿
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments