ゼレンコ医師が論文を転載したのはワクチンが癌の副作用を引き起こすと指摘した

通訳:MOS多言語チーム – 上天的使者

1122日,ゼレンコ医師はゲッターでニサント・シンガー博士が書いた論文を転載し,そして,論文によって,一言で言えば,これらの中国共産党ワクチンの致死毒注射剤は癌を引き起こすことができると言う評論を発表した。

聞くところによると,ニサント・シンガー博士は現在ピッツバーグ大学に勤めている。2020630日,シンガー博士は『転化腫瘍学』刊に新型コロナウイルスと人体細胞間の相互作用に関する論文を発表した。その中で,シンガー博士は分析ソフトウェアを使って生物情報学分析を行い,新型コロナウイルスのS2サブユニットタンパク質と腫瘍抑制タンパク質の間の相互作用を研究した。分析を経て,腫瘍抑制タンパク質P53BRCA-1BRCA-2C末端ドメインを通過し,S2サブユニットの重複序列との間の相互作用が相当強烈だと発見した。研究によると,三種類の腫瘍抑制タンパク質は複数の細胞の圧力に対応する際に下流の遺伝子を調節することができ,そして癌を引き起こす時に頻繁に突然変異する。その他は,これらの相互作用が肺疾患、糖尿病、がんの患者に対する影響はさらに探索する必要がある。

参照リンク:https://gnews.org/zh-hans/1690267/

This image has an empty alt attribute; its file name is 11-Nov-Calendar-1-5.jpg

アップロード:文留

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya |GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments