中共が借款を不履行のため、多くの国が台湾や新中国連邦と外交関係の確立を望んでいる

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 风翼

11月22日、文貴さんはGETTRでのライブ配信で、中共国が最近、連携国から契約した融資やローンコミットメントの履行を求める照会が中共政府に相次いで届いていることを暴露した。しかし、現在の国内外の経済状況により中共は約束を果たすことができない。連携国はもし中共が契約を履行しなければ、台湾や新中国連邦に国交を移すと厳しい姿勢を見せた。これは「一帯一路」のシンポジウムで習総書記の「誠実で深い関係」の主張に対しては、大きな皮肉である。

文貴さんの指摘によると、現在中共は深刻な国際情勢に直面しているという。世界8割の国は中共の敵であり、残りの国は利益関係のため一時的に中共に味方しているのだ。中共と連携している国々だが、かつては中共を脅かす「カード」は台湾だけだったが、今は新中国連邦も加わるようになった。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団/诺亚
編輯:ヒマラヤ東京桜団/旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団/老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments