中露の軍事協力は日本の安全を脅かす

翻訳:ヒマラヤ東京桜団/老黑

11月19日、中国軍とロシア軍の爆撃機が共同で日本周辺の空域を飛行した。日本の岸信夫防衛相は23日、この問題について記者団に、これは本当に日本の安保環境の悪化が反映していると語った。日本側は深刻な懸念を表明しており、引き続き警戒を怠らないと認識した。

防衛省によると、19日、共軍とロシア軍はそれぞれ2機の爆撃機を派遣した。4機とも沖縄本島と宮古島を横断して太平洋に入った後、日本海の領空を越えて東シナ海に向かった。防衛省が中国とロシアの軍用機が共同で日本に飛行するというニュースを発表したのは、2020年12月以来3回目です。

これに対し、岸信夫氏は、中国とロシアの間で繰り返された軍事演習は、日本に対するデモと見なすことになると述べた、双方が軍事協力をさらに深める可能性があることは否定できない。

彼はまた、「これは、日本の安全保障環境の悪化を本当に反映している、日本はこれについて深刻な懸念を表明している、今後も全面的な安全保障監視を実施し、我が国の防衛力を大幅に向上させるためにあらゆる努力をしていきます。」と述べた。

情報源:日本の防衛大臣は、中国とロシアの爆撃機の共同飛行について真剣に懸念している

校正:ヒマラヤ東京桜団/haruka春香
アップロード:ヒマラヤ東京桜団/老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments