多数の心筋梗塞が発生、中国のワクチン禍が広がる

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 /老黑

11月20日は中国の「心筋梗塞治療の日」だが、数日前に中共は心筋梗塞疾患の宣伝を増やすための一連の活動を開始した。ワクチン禍を隠蔽するために、最近の多数の心筋梗塞と卒倒事件増加は、秋と冬が引き起こした心筋梗塞の急発生に起因している。

今年の9月、中共は大都市や中規模都市の混雑した公共の場所にAED心臓蘇生装置を継続的に配置しているが、一部の製薬グループは緊急用救心薬を携帯するように国民に呼びかけている。さらに、一部のネットユーザーは、SNS上で会社から従業員に配布された救心薬セットを投稿。最近、中共国の病院に入院する急性心血管疾患の患者数は急増、南京のある病院では通常より約50%多いことが分かった。

中共ウイルスワクチンの接種率が上がり、ワクチン禍が広がっている。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団/ 叁贰壹倒計時
編輯:ヒマラヤ東京桜団/茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団/老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments