郵便やデリバリー配達員は全てのコロナワクチンの接種を強要される

翻訳:ヒマラヤ東京櫻花団 /盖特第一批注册

現地時間11月20日、北京CDCは再び公式文書を発表した。市内の郵便やデリバリー配達員に、全てのコロナワクチンの接種を勤務の必須条件として強要することが決まった。

報道によると、北京ではブースターワクチン接種事業を開始してから、一般の下層労働者を対象に相次いでワクチンの強制接種を発令した10月下旬には既にシェフ、調達員、清掃員、及び警備員などの職種に対してブースターワクチンの接種を受けなければ勤務が許可されないという公式文書が当局から発表された。

2週間以上を経てから、市のCDCが下層労働者に再び強制接種命令を出したのは、ブースターワクチン接種の進行が遅れていることと関係している可能性がある。 一部のネットユーザーはこう明かしている。今現在、多くの市民がコロナワクチンの継続接種に対する期待と熱意が著しく低下しており多くの接種会場がガラガラで非常に寂しい状況になっているという。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団/ 诺亚
編輯:ヒマラヤ東京桜団/茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団/老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments