米国でファイザー社製ワクチンの接種開始から2ヶ月半の間で約16万件の副反応が報告された

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 小宝086

最近、米国の弁護士アロン・ヒーリーがFDAから書類の一部を受け取った。

それによると、2021年2月28日時点で、ファイザー社製ワクチンの接種開始後2ヶ月半の間に、合計158,893件の副反応が寄せられている。このうち、1,223人が死亡、520人が後遺症が残ったことがわかった。

男性よりも女性の方が3.25倍も多く副反応を発症している。副反応の数が最も多かったのは31〜50歳までの年齢層だった。

カレンダー が含まれている画像

自動的に生成された説明

もっともみられる副反応の身体部位は、順に、神経系、筋骨格系結合組織、胃腸、呼吸器、皮膚・皮下組織だ。

副反応の中でよくみられる症状としては、リンパ節の病変、心拍数の増加、吐き気、発熱、悪寒、呼吸困難、かゆみを伴う皮疹などが挙げられている。

原文リンク


校正:ヒマラヤ東京桜団/ Kana2020
編輯:ヒマラヤ東京桜団/待命(文暁)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団/平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments