中国共産党の指導者とのオフライン会議を避けた後、日本の首相はベトナムの首相と会談する

翻訳:ヒマラヤ東京桜団/老黑

共同通信が11月22日に報じによる、岸田首相は24日の午後、官邸でベトナムの総理と会談する予定になった。外務省によると、岸田文雄政権が10月に政権が登壇した以来、外国の指導者は訪日が初めてです。

CCPの海事活動をかりて、両者は「自由で開かれたインド太平洋」の構想を推進するため、協議の展開する予定です。

岸田文雄と范明政の会談は、中国共産党のパンデミックウイルスの予防と管理における協力を強化することを期待されている。会見後、二人は共同記者会見を行うと、また岸田首相は公邸で夕食会を主催する予定です。

別で共同社情報による、岸田文雄はとミケーレ欧州理事会議長は29日、日本に対面し、会談を行う予定もあり、最終調整が進んでいるようだ。又、日本の岸信夫防衛相は23日、ベトナム国防省のファン・ヴァン・ジャング国防相と会談することに。日本のオフライン外交が徐々に始まりました。

別で11月21日の共同通信によると、現在の米中対立と日中関係との緊張の高まりを考慮して、日中韓首脳会議は、オンライン会議を含め、昨年に続いて今年も開催無し。

現在、中国共産党は国際的なヤミターゲットとなっており、誰でも嫌われています。すべての国の指導者たちは、不運になることから彼らに会うことが恐れていると言えます。

情報源:岸田文雄は24日、ベトナム首相と会談し、オフライン外交を開始する。

校正:ヒマラヤ東京桜団/haruka春香
アップロード:ヒマラヤ東京桜団/老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments