北京証取税制上の優遇措置,実は「ニラを刈る」

撰稿:ヒマラヤ東京桜団/鲤鱼打挺

图片来源

11月15日中国共産党系メディア「第一財経」によると、北京証券取引所(以下北京証取)は取引が始まり、多数の新規上場銘柄が急騰した。個人で北京証取に上場している企業の株式を1年以上保有、また、新規公開株以外の所得を譲渡した場合、個人税は免除される。

個人で北京証取に上場している企業の株式を1ヶ月以上1年未満保有する場合、配当所得は10%の個人税率を課税される。1ヶ月未満保有の場合、20%の個人税を全額支払う必要がある。個人で新規公開株の所得を譲渡した場合は、20%の税率で課税される。

企業で北京証取に上場している企業の株式を1年以上保有する場合、法人税が免除される。株式の譲渡には、金融商品の譲渡と同じように、6%の増値税で課税されるが、小企業納税者には3%の課税率が適用される。

共産党系メディアの北京証取に関する報道は、「北京証取の新株は最大500%上昇」など、税制上の優遇措置と同じ、グッドニュースデータを餌に、投資を呼び込む狙い。実は中国共産党が、我々をニラのように刈り取ろうとしている。

情報源:

北交所股票持有超1年股息红利免个税,个人卖股票收入免个税

北交所新股最高涨幅冲上500%!10只新股触发临停,老股分化

校正:東京桜花団/待命(文暁)
アップロード:東京桜花団/tdownc2p

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments