中共国3歳から11歳の子供84,395,000人を救うことができるのは誰ですか?

翻訳:ヒマラヤ東京桜団/老黑

11月14日、中共国政府ネットによる、中共国国家評議会の合同予防・統制メカニズムが13日に開催された記者会見で、国家保健委員会CDCの副所長吴良有に説明された。主要な集団に対するCCPウイルスワクチンブースター免疫の増強および3〜11歳の子供に対する、ワクチン接種作業を引き続き促進させると指摘した。現在、84,395,000人3歳から11歳の間の子供にワクチン接種を受けています。3歳から11歳までの子供たちの予防接種の全コースは12月末までに完了する予定です。教育部予防管理主任、スポーツ健康芸術教育司の司長王登峰による、3歳から11歳の子供の人数は約1億6000万人で、その半数がワクチン接種を受けています。現在、18歳以上の学生の95%以上がワクチン接種を受けています。王登峰氏は記者会見で、大学、中学校、小学校が統一され、全国的に展開して配備していると説明した。予防接種作業が着実に進めてる。

11月12日の時点で、全国の累計 にCCPウイルスワクチンは合計23億72.713百万を投与したと報告されています。予防接種プロセスの全体を完了した人数は107.384万5千人でした。いわゆる国から統一されるべきの配備は、実はCCPの強制的ワクチンの言い訳で、中国の人々は、真実を知らずのままにさまざまな強制や宣伝の下で「自主承諾書」に署名されていた。3歳から11歳までの84,395,000子供を救うことができるのは誰ですか?政府機関やユニットは誰でも責任がありません!国の人々が目を覚まして、CCPによるウイルスの隠蔽、ワクチン接種の殺害性質を見てほしいと願っています。

情報源:国家保健委員会:3歳から11歳までの新しいクラウンワクチン接種に対して8億4,950万人がワクチン接種

校正:ヒマラヤ東京桜団/haruka春香
アップロード:ヒマラヤ東京桜団/老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments