日中韓サミットについての首脳会談、2年連続で見送りへ

投稿: 東京櫻花団/夏目&山竹

(画像は桜団花設計組の作品である)

日韓関係の悪化を受け、日本、中共国、韓国の首脳による「日中韓サミット(首脳会談)」の開催が2年連続で見送られる見通しとなった。

日韓関係は、韓国の裁判所が日本政府に韓国人元慰安婦への損害賠償を命じた判決や「元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)」訴訟問題などを巡り、「戦後最悪の状況」(外務省幹部)が続いている。

日中関係も中共国海警船による沖縄県・尖閣諸島周辺海域での挑発行為などで緊張が高まっている。

この記事を読み、この三カ国の争う点が長年に渡り、綱引き状態のまま、歴史のある問題だ。しかし、日本も韓国も今目前に迫る解決しないと行けないのは新型コロナウィルス、ワクチンの真相だと筆者が考えている。新型コロナウィルスの出所、ワクチンによる被害の真相こそが目前に日本、韓国の国家、国民の安全、利益及びこれからの経済、発展に繋がる鍵だ。その真相によって、中共国に対する態度、制裁など、正確、有効な政策を作り、そして、全世界が新型コロナウィルスによる経済の大きな打撃、影響を受けるなか、自分の国民、企業を守ること。

中共国の各国への浸透により、たくさんの政治家、ソーシャルメディア、企業など、中共と癒着し、自分の国、国民の安全、利益を他所に、中共の言いなりになってしまう。国民が既にソーシャルメディアから、真相を得られなくなり、騙されている。

今は、もはや、全世界規模で、正義と邪悪の戦いだ。

情報源:

【独自】日中韓サミット、2年連続で見送りへ…日韓関係「戦後最悪の状況」続く

校正:東京桜花団/待命(文暁)
アップロード:東京桜花団/tdownc2p

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments